後輪Wタイヤ(通称:楽輪);補助輪機構

いらっしゃいませ❣ 『後輪Wタイヤ』のブースにご来店頂きまして有難うございます! 


2017年10月上旬、埼玉県熊谷市の麦畑、除草剤散布(楽輪ー001番、装着)

群馬県・茨木県の麦畑での導入例が増加しています

≪下記の内容の文章と共に、上の二枚の写真を送って頂きました≫

前略  楽輪、大変良かったです。

麦まき後のフカフカの畑も500Lの除草剤タンクをのせても、スリップなく楽々作業が終了しました。

ありがとうございました。

仲間にもすすめたいのでパンフレット10枚ほどほしいです、どうですか?

、まずはお願いかたがた、お礼申し上げます。 乱筆にて  早々



-軽トラの補助輪機構(Wタイヤ)ーの補助輪は、軽トラの長靴又は樏(カンジキ)

 

運転手を選ばない軽トラ、高く積み上げるより低く積んで、一台多く軽トラを導入する方向の方が増加しています。


品番001番は、95%前後の方が選択・導入されています
【楽輪ー品番001番】後輪Wタイヤ(標準品)

【楽輪】品番001番の部品写真;

1.左端・上下のタイヤ: 補助輪完備品(左右有り)

  ラグタイヤ(500-12、2PR、チューブ

  接続軸組み込み品≪M12×30L、円錐ナット≫

2.右端・上下のタイヤ:

  軽トラタイヤ&ホイル(左右無し)

  TG4、145R12,8PR≪ハブ穴が大きい≫

  軽トラ・ダンプに着けている強度の高いタイヤです

3.真ん中の上下:

  ハブ金物、赤マーク(右用、逆ネジ)

  左用は黒マークで普通ネジ

  黒い●状の2個は、ハブ金物の泥除けゴムセン栓

4.中央左端上下:丸座付きセンターボルト

  (M24×ピッチ2)

  赤マークは右用で逆ネジ、黒マークは左用

5.中央上下(水色):センターボルトのネジカバー

【楽輪】旧品番001番の展示品 『組み込み時のイメージ』 新品番:軽トラの長靴・カンジキーA
【楽輪】旧品番001番の展示品 『組み込み時のイメージ』 新品番:軽トラの長靴・カンジキーA

6.中央の右端(銀色):19mmの六角レンチ(直)

  SCM435、メッキ

  ≪19mmのメガネ・スッパナを手配ください≫

 

 旧品番001番の展示品;

  ≪軽トラック装着時のイメージ≫

 

7.ラグタイヤ(補助輪)外々の幅は、約178cm:

  ※ラグタイヤはグリップ力が強く、横滑りも激減

  ※急峻な傾斜畑でのUターンも安全

  ※谷側のみに補助輪⇔等高線方向の走行GOOD

8.片側のWタイヤの幅は、約29cm:

  ※両側のWタイヤが、同時にしかも完全に畝溝に落ち込むことは無いので、お腹を擦ることは、激減する。

【約90%の方が導入する機種】

 



この機種最大の付加価値は、補助輪の着脱が簡単・迅速に行えること。

 神奈川県三浦市の大根農家約80軒で1~4台/軒、導入頂いております(補助輪は一組で使い回しする方が多い)が、 「慣れると一分、全く苦にならない!」 との事です。又、「楽輪を買った農家は本当に助かっているよ!」との評価を頂いています。



【利用開始の手順】(動画の前半)

1.現用の後輪タイヤをジャッキアップして外す      {現用のホイルの中心穴(ハブ穴)が小さい

2.ハブ面を掃除して、ハブ金物を差し込む

 {P.C.D.100/114.3mm兼用}

3.商品のホイル付きラグタイヤを取り付け、ジャッキダウンして、ハブ金物先端にゴム栓を差し込み、一般道走行状態となる

【補助輪の着脱】(動画の後半)

4.2枚の4~5cm厚みの板に、後輪左右の

  タイヤを乗り上げる。

  {補助輪の外周が地面より浮いた状態になる}

5.補助輪に組み込んでいる接続軸の先端の溝と、ハブ金物の先端と突起部をかみ合わせ、補助輪ホイルの外側の中心にセンターボルトを差し込み・ねじ込んで固定。

注ー1: ハブ金物及びセンターボルトは、右側は逆ねじで赤マーク(反時計回りで閉まる)、左側は普通ネジで黒マーク

注ー2: 圃場内で利用する際は、25cm前後の長さのスパナで、軽く手締めするだけで十分です。


20Haの稲ワラ(ロールベラー)を2台の軽トラで搬出、堆肥散布にも使う。
【楽輪】品番001番、肥育牛農家
兵庫県森と緑の公社と斜度17度、前日雨の林道で走行能力検証
【楽輪】品番001番 間伐材運搬

 林業の使用例にリンク


コンバインに並走する軽トラに玄米袋を積み替え
【楽輪】品番001番 玄米袋搬出
青森県のリンゴ園、古木を伐採、搬出作業
【楽輪】品番001番 リンゴ園の更新






軽トラックの協働品ページに戻る